ディヴァ・ライトでは「パーフェクトガイド」の武藤悦子がオーラソーマのカラーの世界と神秘をお教えします。

オーラソーマについて

カートに追加しました。
カートへ進む
オーラソーマとは、イギリスのヴィッキー・ウォールという女性によって生み出された色と光による新しいスタイルのカラーセラピーのことです。「オーラ」は「光」(ラテン語)、「ソーマ」は「身体」(古代ギリシャ語)「存在」(アラム語)「生きているエネルギー」(サンスクリット語)という意味があります。

 カバラとオーラソーマは深い関わりを持っています。オーラソーマの創始者ヴィッキーは、カバラの教師の家系に生まれ、子供の頃からサイキック能力を持っていた人でした。薬剤師やキロポディストと呼ばれる足の治療医として働いていました。ヴィッキーは女性であるがゆえにお父さんからカバラの叡智を受け継ぐことはできませんでしたが、オーラソーマの誕生の時期とヴィッキーのお父さんが亡くなった時期はとても近く、オーラソーマはお父さんからの贈り物であるとヴィッキーは感じていたのでした。
 
 ヴィッキーは66歳の時に失明してしまいまずが、失明してからもサイキック能力は弱まることはなく、人のオーラを感じ見ることができたそうです。ある日、瞑想中に「我が子よ、水を分けなさい」というメッセージが聞こえ、色と光が洪水のように溢れてきました。それは三日三晩続き、三日目の朝目覚めた時には、目の前に水が二つの層に分かれた美しいボトルができあがっていました。後にヴィッキーは、それはまるで見えない何かに導かれるようだったと語っています。

 その後、何千人というヴィッキーのクライアントが、このボトルに惹き付けられました。やがてボトルを体に塗った人から「こんなふうに体が良くなった」「悩みが改善した」などの反応が寄せられるようになりました。その時ヴィッキーが気がついたのは、不思議なことにその人が選ぶボトルとその人のオーラとは同じ色だったということです。

 また、オーラソーマがさまざまな古代の叡智とつながりがあるということもわかってきました。カバラの「生命の樹」とタロットカードとボトルは対応しているのです。生命の樹の最も高次の世界の中の最も高次のボトル(ファイアーワールド/アツィルト/流出界でのケテル)はB36ヴァイオレット/ピンクの「チャリティ」のボトルです。このボトルは無条件の愛と思いやり、慈悲、奉仕、献身を表していています。慈悲とは、3つの徳(信仰、希望、慈悲)のひとつであり、それは自分を受け入れ、愛していくことから育ってくるのです。無条件の愛とやさしさをスピリチュアリティやヒーリングを通して、奉仕として表現していくことがこのボトルのメッセージです。つまり最も崇高なことは「奉仕」することなのだというカバラとオーラソーマの考え方は完全に一致しているのです。

 「生命の樹」を知ることはオーラソーマを深く理解することにつながります。カバラの知恵を知れば、オーラソーマをより深く理解することができます。オーラソーマを通して、それまで男性しか学ぶことができなかったカバラを世界中の多くの女性たちが学べるということにも大きな意味があるのです。

 ヴィッキーは91年にこの世を去りました。ヴィッキーはその人生において幾度の苦難に出会っても不屈の精神でそれらに立ち向かい、勇気を持って次の一歩を踏み出して生き抜いてきました。彼女だからこそオーラソーマを生み出すことができたのかもしれません。ヴィッキー・ウォールという女性の「いついかなることがあろうとも、自分らしく一歩を踏み出していく」という精神がこのオーラソーマには宿っているのです。

 オーラソーマは、上下が二層の液体に分かれた「イクイリブリアム」と呼ばれるボトルを選ぶことから始まります。現在118本あるイクイリブリアムボトルの中から、最も惹かれるボトルを1本ずつ計4本選びます。選ばれたボトルは、まるで「鏡」のように自分自身の様々なことを映し出してくれます。無意識の部分にアクセスし、普段は気づくことのできない新しい自分、本当の自分と出会うことができます。自分の本質や可能性、人生の目的や使命、今直面している課題や才能、現状や将来の状況など、実に多くの価値ある情報を教えてくれるのです。オーラソーマは無理強いすることのない、自分自身で選ぶ「魂のセラピー」です。「偉大なる教師はあなたの内側にいる」というヴィッキーの言葉のように、内なる教師と出会い、虹の7色のような無限の可能性に目覚めて、生き生きと輝きながら生きるのをサポートします。オーラソーマを通して、自分を知って、自分を癒して、自分らしく生きていくことができるのです。

 オーラソーマは単なるカラーセラピーではなく、カバラ以外にも、ヌメロロジーやアストロロジー、仏教やキリスト教、ヨガやアーユルヴェーダなど古代の知恵と関連しています。きれいで楽しいだけでなく、神秘的で深遠な「古くて新しいセラピー」なのです。


         → オーラソーマコース参加者のお声

         → オーラソーマコースのギャラリー